--,--,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWの収穫(?)

2013,05,09

陶器市でゲットした、しのぎの‘小皿’と‘カップ’
夫が選んだ‘ぐい呑み’



昨年までは、GWと言っても特に予定を立てるわけでもなく
普段とさほど変わりのない時間を過ごしていたのですが、
今年は夫婦二人きりの生活に戻り
いつになく、夫も休みがたっぷり取れたこともあって
ふらふらっと(←やはりしっかりと計画は立てずw)
気の向くままに出かけることにしました。。。

お天気の良かった前半に益子の陶器市へ。

mashiko.jpg

後半は、福島市の花見山公園へGO!
ソメイヨシノはさすがに終わっていましたが、
利休梅が丁度見頃でとっても綺麗でした。。。

hanamiyama.jpg

※カメラ忘れてスマホで撮影、、、
でも割とキレイに撮れた気がする・・・(笑)


カメラ忘れる、、、でもう一件。
5月4日は結婚記念日でして....
外食をしたのに
料理の写真を撮るのを忘れてしまいました。
スマホも持っていたのに、、、
もー『カメラ忘れる』・・・以前の問題?(爆)


そうそうそう!
今回、何より嬉しかった出来事。

花見山からの帰り道、初めて入ったある町のダイソーで
最後の1個をゲットして来ました。

こちら

2013050903.jpg

実は地元のダイソーで売り切れ?だったので、店員さんに入荷の時期を尋ねると
なんとこの商品はすでに廃盤になったことを聞かされショック!!
なので見つけた時には本当に嬉しかった。。。
その反面、
ピンクやブルーの中に、この地味な色味がやけに悲しく映り、、、
地味だったからこそ、スッキリを目指すシンクには
色で邪魔されることなく馴染んでいたのになー...と。
残念無念の廃盤です。。

売れ筋商品(ファンも多かったはず?)なのに何故?
でももしかしたらバージョンアップして復活してくれるのではないか?と
かすかな期待を込めて待ち続けようと思ってます!
(ダイソーさん よろしく☆)


さて。
陶器市で買った器に盛ってあるのは『にしんの山椒漬け』です。↑↑↑
毎年、この時期でしか食べられない春の味。
いつもは実家の母が作ったもので満足していましたが、
もうそろそろ(とっくに?)「いい歳」なので、自作してみようと母から伝授してもらいました^^;


【memo】
・身欠きにしん(硬めの『上乾』)を水洗いしながら表面に付いたウロコを洗い流す。
・水気を拭き取り、頭と尾を切り落として斜めの4等分にする。(にしん5本分)
・カップ1/2の酢で酢洗いする。水気を拭き取る。
・漬け汁を作る→鍋に、砂糖(ざらめ(または砂糖)大3・みりん大1・酒大2・醤油大3)を入れ火にかける。
砂糖が溶けたら火を止め、酢大4を入れる。
・汁の粗熱が取れたら、容器にたっぷりの山椒の葉(庭に3本の木があります)を敷き、
にしんを並べ、その上にまた山椒の葉を乗せ・・と交互に重ねたら
最後に汁を回しかけて一日置く。(上にちょっとした重石をする)
翌日から食べられます。
食べ方はそのままか、フライパンでさっと火を通しても美味。(私は火は通さず漬け汁からそのまま、の方が好き♪)

お酒がすすみます~♪


↓ポチっとしていただけると励みになります☆
にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://c6deco.blog78.fc2.com/tb.php/241-4598f1eb
この記事へのトラックバック


♣ Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。