--,--,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡?!の誕生日!?

2012,10,29

先週末、親戚の結婚式に招待され、
夫と二人で電車を乗り継ぎ
5時間近くかけてとある所へ行って来ました。

式、披露宴は午後3時からということで
まずはホテルにチェックインして準備をし、
ホテルの送迎バスで会場へ向かう・・・という段取り。
そしてその日はホテルに宿泊―。

着いたのは午後1時。
髪も洗ってセットし直したいし、メイクも全て落としてやり直したい...。
ま、小1時間もあれば余裕で準備出来そう♪♪と
全ての荷物を収めたスーツケースを開けようと
ロックの留め金をパチンパチンと上げて

上げて!


上げて・・・


下げて?


上げて


スライドさせて?


上げて


押して???


え?


な、何が起きてる?


も一回、上げて。上げて。


で、ケース 開かない!


開かない!?(゚∀゚;)


あーかーなーいーーー????


工工エエエエェェェェェヽ(゚Д゚;)ノ゙ェェェェエエエエ工工



なんで開かないのっっっっ!!!?
鍵なんてかけてないんだから留め金を上げれば開くはずなのに?
手でグイグイ引っ張ってこじ開けようとしてもビクともしない(って当たり前)

  心臓はドキドキ!
  もし開かなかったらどうなるんだろ。
  式に着ていく服は?
  二人分の何から何までどーなっちゃうの?!

泣きたくなる感情を抑えながら夫にバトンタッチした。
夫も初めは『どれどれ・・・』と悠長に構えていたのが
上げて下げて→開かない、、を繰り返しているうちに
額には玉のような汗が吹き出ていた!


   ね、ひょっとしたらロックかかっちゃったの??!


どう見ても怪しかったのは
3つの数字が並んだダイヤル式の鍵部分。
おそらく移動中に指が触れたりして動いてしまったと思われ・・・

その間、夫はダイヤルを激しくくるくる回し始め
数字はもうグチャグチャ。

スーツケースは実母からの借り物で30年前に買ったもの。
借りる時にダイヤル部分を特に気にしなかったのが失敗だった・・・ほんとバカ
ダメ元で母に連絡をして番号を聞いてももう覚えていない...と言う返事。
(ですよね、私だって30年前に設定した番号なんて思い出せない^^;)

こうなったらケースを壊す覚悟でバールを借りて開けるしかない!
ってことで、フロントに連絡をする。
ホテルの人が一度来てまたバールを取りに行ってる間、
もしかして意外に単純な数字だったりして...なんて
夫は000、111、222、........999....と
スギちゃんの鍵ネタのように数字合わせする。(←多分この時点で夫もパニック)

でも..今は老年である母も、30年前は中年だったわけだから....


   いくらなんでも、ゾロ目になんて設定しないんじゃない?

   んじゃなんだ?電話番号?とかか?

   番号、昔と今は違うし。それにどう合わせるの?

   誕生日か? 

母の誕生日、父の誕生日と入れてはみたけど
二人とも4つ(4桁)の数字を使うのでハズレ。


じゃ あたしの誕生日は?



カチカチカチ....











































カチャッ。。
































あっ、、開いたーー!!!!!!(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)ヽ(゚∀゚)ノ





なんと母は、私の誕生日の数字を設定していたのでした!!!!!!!!

すぐに母にまた電話をかけて
鍵が開いたことを報告!!
(私の誕生日にしたことすら覚えていませんでした^^;)

そして さっきは
『借りなきゃ良かった、、、』とつい苛立ちをぶつけてしまったけど
今度は『ありがとうーーー!!』と叫び、心から感謝した次第。


ああ。。。開いた瞬間のあの感動、、、
何度思い出しても体が震えます。。







思わぬハプニングで、気力・体力・時間を消失。

髪を洗ってセットなんてもう無理。
メイクも上乗せで済ませ・・・





DSCF2908.jpg


今回の事件で10年寿命が縮まったかも。(爆)



↓ポチっとしていただけると励みになります☆
にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://c6deco.blog78.fc2.com/tb.php/225-d498397a
この記事へのトラックバック


♣ Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。