--,--,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

型ガラスと磨りガラス

2009,06,07



10週目。
・電気配線設備工事【完了】
・給排水立上設備工事【完了】.....

こんな配線工事を目の当たりにすると、真に迫るものがありますね。
十分解かってはいるつもりなのに。。。改めて
着実に進んでいるんだなーと実感してしまいます。

[玄関]


(拘り①)どうしても外せなかった明り取り用のガラスブロックも入りました。

ガラスブロック。
とにかくどこかで使いたかった!
理想は“ふんだんに”。。でしたが、、予算の関係上現実は厳しく、
数える程度..ってことに...(苦笑)

+ + + + +

[洗面所&浴室]
左窓が洗面所窓、右窓が浴室の窓になります。
この間に壁と浴室のドアが付くわけなんですが。。。



(拘り②)左>型ガラス、右>磨りガラス、光加減に若干の違いがあるのをお分かりになりますか?
そしてこれは今日初めて知った小さなシアワセ♪

第一番に
浴室にはブラインド等は付けたくない。
(ブラインドの掃除は案外面倒→また、現在の家がカビ対策(ブラインドにも)で苦労した→カビ取り剤でブラインドの塗料が剥げた→現在は取り外してある)
それでいてシルエットは見え難くしたい。。>当然
数ヶ月前の打ち合わせ時、バスルームの窓ガラスは、そのシルエットが見えにくくなるような“乳白色??”な窓がもしあれば、、、というささやかな希望を建築士さんに伝えていたのです。

『明るさをキープしつつ影(シルエット)は遮断する白い窓―』

その時のご回答は“型ガラス”、、以外は残念ながら、、的な答えが返って来て、完全に諦めていたのですが、この磨りガラスは私のあの時の希望をしっかり覚えていてくれた証です。

今日見てビックり!!
おや?ガラスが違う!
確かに型ガラスよりは見え難いかも?
ぉーー。。身近なものでプチ感動~~。。。(´∀`)
勿論実際に使用してみないとその効果のほどは解かりませんが
建築士さんのご配慮に感謝したシーンだったのでした。。。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://c6deco.blog78.fc2.com/tb.php/13-41b22d8e
    この記事へのトラックバック


    ♣ Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。