--,--,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無印オーブントースターで自作のパンを焼いてみました。

2011,04,06

2011040501.jpg

あれ以来..
http://c6deco.blog78.fc2.com/blog-entry-152.html

ずっと手作りパンに夢中です。
...理由なく敬遠してた手捏ね。
でもやってみると意外に難しくなく返って楽しかったりする♪(捏ね時間:約10分)
HBには頼らず、自分に合った手捏ねレシピを見つけてからは繰り返し作ること7、8回。
分量もしっかり頭に入って もうお手の物。笑
ちなみに捏ね方は色々観て廻った結果、こちらを主に参考にしました。



生地がいい感じに出来ると焼き上がりもこれまたいい感じ♪
本当にふわっとした美味しい白パンが出来ました.........が。

(※180度に余熱後、160度に下げて12分↓)
2011032601.jpg

「白いのもいいけど、表面が艶々してこんがり焼けた普通のパンはできないの?」と夫。
そんなこと言われると‘負けず嫌いなチャレンジャー’のモチベーションはMAXだ。笑

・・・

そうなると―

こんがり感を出すには、表面に卵液(ドリュー)を塗って、焼成温度を高く、時間も長めに....いや短めに...?
そんな程度しか思いつかない。。。...。

......?......?......?

我が家のオーブンは電子レンジのオーブン機能で温度も最高210℃止まり。
『手作りパン』で色々調べると、オーブンレンジによって機能もまちまちなので、機器の特徴や癖を考慮しながら。。。
とあり、
けれど我が家のオーブンの特徴なんて全く熟知していないし
こんがらがる頭を整理しながらトライしたものの、今一つ思うような仕上がりにはなりませんでした。
(※200度に余熱後、180度に下げて12分)
ドリューが悪いのか、温度か、時間か、んー.....

......。


気持ちを立て直し再び調査開始。
するとこんなキーワードに出会いました..

コンベクションオーブン

コンベクションとは (http://www.weblio.jp/より引用↓)

熱風の対流と循環を利用した調理器具。単に加熱するだけでなく、熱が全体に行き渡るため、短時間で調理ができるのが特長。ガスを使用するタイプと、電気とガスを併用するタイプがあり、併用タイプは電子コンベクションと呼ばれる。電子コンベクションは、電子レンジとして使用できるのに加え、電子とガスのコンビネーションによる同時加熱でスピーディーな調理が可能。近年では、システムキッチンのカウンターの下にビルトインされているものがよく見られる。

 
なるほど~~。。。
満遍なく熱が回り、焼きムラのないパーフェクトな仕上がりが期待出来るんですね(´∀`)







いいなー....



しかし―。
今は現実と向き合わねば!
理想の焼き色に近づけるためには、なんとなーく焼成温度が鍵を握っている気がして来たのですが
我が家の電気オーブンでは限界を感じたので、最後の手段?オーブントースターを使ってみようと。
オーブントースターで焼いた経験談をもとに、それでも手探り状態の我流です。
失敗は正直恐いから1個でいざ挑戦!( ̄m ̄* )

①付属の天板にアルミホイルとクッキングシートを敷いて、その上にドリューを塗ったパンを置く。(庫内にはまだ入れない。)
②タイマー(スイッチ)を回す:1000Wで15分。
③余熱。(3分)
④暖まった庫内にパンをセット。
⑤2、3分でパン上部に焼き色が付き始める。
⑥焦げる直前になったらアルミホイルを被せる。
⑦そのまま焼く。
⑧3分単位でパンの位置を回しながら変え、様子を見ながらホイルも被せたり外したりする。

で、出来たのが手前にあるパンです!
2011040502.jpg

焼き色どうでしょうか♪
自分的には80点あげてもいいかなーなんて^^;
中もほら、しっかり。
2011040503.jpg

後方にあるのは同じ生地でレンジのオーブンで焼いたもの。
(※180度で15分)
実物は、上部だけに焦げ目が付いて、全体が卵のドリューで黄色いまま(T_T)
火は通っているものの、焼きむらが出て見た目微妙...。

今回、オーブントースターで自作のパンが焼けることは証明できましたが、
2011040504.jpg

ずっと張り付いていなければいけないし、パンを回転させたりホイルを被せたり忙しいのです。
それに。
一度に数個焼くのはワザが要りそうで私には無理。笑
マイブームのパン作りは今後も続く予定ですが、やはり
コンベクションオーブンの存在が気になる今日この頃でした。。。


↓ポチっとしていただけると励みになります☆
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ
スポンサーサイト


♣ Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。