--,--,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水切りカゴ選びは慎重に・・・

2010,02,27

新居は間口が若干狭い、所謂“うなぎの寝床”的敷地です。
だから...というわけではないですが、
対面式、東の勝手口、etc....希望・条件を全て満たしたらこうなりました。

20100227_01.jpg


マンションにありがちな(?)廊下→キッチン→リビング....という間取り。≒丸見えキッチン^^;


20100227_02.jpg

こうなると常にきちんと片付ける。←そうしなきゃ居られなくするのも、ズボラーな性格を克服する手でもある、と今は思ってます (あとで後悔するかな?笑)

ここまでオープンな状態なので、逆に見られてもいい状況にする方向で考えた時、何も置かずにスッキリさせておくことがベストだとも思ったのですが、
ワタシ的にはどーしても水切りカゴを撤去することは無理なので、だったらちょっとお洒落に“見せる水切り”にすれば解決するだろう...とあえて白ではない、存在感たっぷりの黒のアイアン風水切りを選んでみました。

20100227_03.jpg

イメージ通り♪
程よいアクセントになるなー...と思ったのは


一瞬で、、、、、














20100227_04.jpg

ガーン!......
そうだっけ、、、ラウンド型のシンクだったんだっけ、、
と、、
ご覧のように曲線VS直線対決が待っていた!(;_;)

20100227_05.jpg

落ちた水が自然に流れ落ちる斜めトレイ。
これが出始めた頃は本当に使ってみたくて憧れもした。w

あーそれなのにそれなのに

・・・


かまぼこラインが反ってしまうこの見事な斜めっぷり。
水切りトレイはカゴと一体ではないので、動かす時はそれぞれに移動させないとダメだし。

しかもちょっと動かそうものなら、ズズズーーーと天板が削れるような音もして結構重い。
片手でスっと...なんてとてもじゃないけど無理な材質で、、。
(そもそも水切りカゴって固定させて使うものと...)

そんなんで色んな方向に角度を変えたりしながら悩んで出た答え。


このトレイは我が家のキッチンでは使用不可(≧△≦)




ってことで代用品を探しにホームセンターに駆け込みました。
(何か、大きなタッパーの蓋とか?、、、)
(タッパーの蓋?、、、)
(やっぱり大きなタッパーの蓋?、、、)
タッパーの蓋しか思いつかない中、目に飛び込んで来たのが
20100227_06.jpg

水が自然に流れる 水切りトレー....248円!しかもブラック。
あーー!神様ありがとう!!
でホラ♪水が流れる部分が中央部分に集中しているので何とか頑張れば使えそう^^

20100227_07.jpg

やはり斜めってはいるが・・・^^;

20100227_08.jpg



完成形....こんな風にお出迎え。

20100227_09.jpg

水切りカゴに翻弄された一日でしたがしっかり学習しました。
水切りを選ぶ時のポイントは、シンクの形状とトレイの形に要注意です...。(自戒を込めてw)


↓ポチっとしていただけると励みになります☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
スポンサーサイト


♣ Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。